砂浜水族館

小さなUTAUのサークルです。浜音ポニーとネギっ娘(UTAU)の作品を作っています。りんくふりーです。

「ねぎぽに」仮設定2

こんにちは、もう年末ですね。今年は、なかなか体調が安定せず全く活動できなかったです。来年は少しずつですがなんとか進めたいです。

 

さて、灯台設定の続きです。

調べてみると日本の灯台海上保安庁の管轄らしいですが、「ねぎぽに」はゆる~い世界観なのでその辺はわりと適当な感じです。

最悪、古くなった灯台の管理を委託された設定にします。

フィクションなのであいまいでもいい気もするけど・・・。

 

ここからは、思いついた設定をメモしてたものを書き移したものです。

 

○ユリたちが住む灯台について

岬の灯台には、めずらしくお店と家がくっついています。

家と灯台は中でつながっていて、外に出なくても直接行き来できる。

 

今はほぼ使われていない灯台

当初取り壊される予定だったけど、今は主に観光用としてユリ達が管理を依託され住ん

でいる。

お店は、おみやげや雑貨を取り扱う。またはカフェ。

ユリは人が苦手な設定だけど・・・接客できないのは困るから性格は変えるかもしれないけれど・・・。

 

灯台からの交通手段

場所的に灯台は町から離れた場所にあります。

交通手段は主にバスになります。

 郊外だしバスの本数自体は少ないと思うので、バス停でなくても手を挙げるとバスが止まってくれて乗ることができます。

ただ、町のほうに行くと路線も本数も増えるので止まってはくれません。

ユリが車を持っているかはまだ未定です。

灯台についてはこれくらいです。

 

 次回は・・・浜鈴Pから訊いていた、初音ミク・重音テト・めぐっぽいどの3人組の設定を引継ぎ、わたしなりにアレンジして「ねぎぽに」に加えたいと思います。